修理不能?富士通 Lifebook U939 U938 U937 シリーズ キーボード修理 パンタグラフ修理について

富士通PC情報
スポンサーリンク

特殊なパンタグラフ

男性
男性

下記は個人の見解ですので、ご判断はご自身でお願いしますね。

Lifebook U937 U938 U939シリーズのキーボードには下記のような特殊なバタフライ型のパンタグラフが使われているモデルがあります。

このタイプは修理不能です。詳細はご自身で判断して頂きたいのですが、私がチャレンジしたところできませんでした。

従って、キーボード丸替えをお勧めしています。

全てのモデルがこのタイプなのか?わかりませんので、下記の形状だったらということでご了承ください。確認はご本人でお願いします。

旧タイプ

U937 U938 U939に多く使われているキーボードです。

このLifebook U937 U938 U939 U9310 U9311シリーズはキーボードが共有モデルですので、キーボードの使いまわし可能です。

ですから、中古などの場合、キーボードが交換されているケースがあるので、U939などのモデルで判断することは止め、実際に部品形状/寸法を目でみて判断しましょう。

青の位置でプラスティック溶接されており、赤の爪が中でロックされていますので、外れない仕組みです。

爪が抜けないようにロックされた形状です。一般の方ではリペアはできません。

キートップが外れるケース

下記の爪が折れるケースが多いでしょう。

それであればキートップを変えれば可能ですが、パンタグラフ自体が破損すると修復は難しいでしょう。

それでも修理したい場合は最終最後の手段で下記があります。

どうせだめなら、とことんやってやる!という考え方です。

新タイプ

U9310 U9311に多く使われているキーボードです。

比較的新しいモデルになるとキーボードがレビジョンアップしていますので、部分修理が可能なケースもあります。

先ずはパンタグラフの形状を目視で判断頂きチャレンジください。

下記のタイプであればパンタグラフ、キートップの両方の部分修理可能です。

キートップが2種類ある

新しいモデルでパンタグラフが上記のものであればキートップが2種類存在しますので、キートップだけを交換したい場合は下記のどちらのタイプかを確認してリペアされることをお勧めします。

バックライト兼用タイプ

キートップのエッジにクリアデザインがあるのもので主にコンシューマモデルに採用されているキートップです。

このようにLEDが光るためクリアになっています。

部品が必要な場合は下記ご購入ください。

必ず、壊れた部品と新しい部品は目視で形状を確認してください。

パンタグラフ
キートップ

ビジネスモデルタイプ

下記のように普通の真っ黒なキートップです。

バックライトが無いビジネスモデルで多く使われているキーボード用のキートップです。

バックライト兼用でありませんので、ブラックのみのデザインです。

必ず、壊れた部品と新しい部品は目視で形状を確認してください。

パンタグラフ
キートップ

異なったキートップを付けた時のイメージは下記サイトに掲載していますので参考にしてください。

以上

スポンサーサイト

タイトルとURLをコピーしました