PCセルフリペアとは

PC セルフリペアとは

ここで言うPCセルフリペアとはメーカー製パソコンを自分で修理するということです。
パソコンの修理はメーカーの専門修理スタッフが故障個所を確認して行うのが一般的です。

ただ近年のパソコン依存型ビジネス社会では修理を外部に出すということが非常に困難になっています。
その大きな要因は修理時間がビジネスロスに繋がってしまうからです。

パソコンを修理に出すとリモート会議やインターネット検索だけではなく、メール、PDF閲覧、CAD操作、販売アプリケーションなどなど、多くのビジネスツールが利用できなくなります。

これは大きな機会損失です。

また、重要な会社データ、個人情報が記憶されたパソコンを第三者に預け、パスワードなども全て公開しなければならないのです。

このスピード社会において一週間以上パソコンが使えず、おまけに重要データが危険にさらされるということが許されるのか?

もちろん、できません。

であれば2台持つか?

基本はそれが安全でしょう。

しかし、コスト面でも経営者は非常に負担になります。

そこで自分で修理(ファン交換、キーボード交換など)できる部分は自分で修理して、できない部分だけをメーカーに頼むような考え方がPCセルフリペアの考え方になります。

次はどこで部品を購入すれば良いか?など、いろいろ情報収集しながらこのパソコン依存型社会を乗り切っていかなければなりません。

注意する点

パソコンの作りが簡単になったとは言え、やはりセルフリペアはリスクを負ってしまいます。

失敗したら全て自己責任です。

ネジ1個締め忘れても故障するのがパソコンですから、そうなると時間のロスとか言っている場合ではなく、余計に使えない時間を増やしてしまいます。

それだけではなく、予定外の出費になります。

自分の経験やいろいろな相談から考えると、最も注意するところは「ネジの開け閉め」です。

一般的に部品の交換作業などは慎重になるのですが、ネジだからと言って甘く見ている方が多く、安易に考えていると直ぐに舐めてしまいます。

特に最近は細かい部品が多く、ネジのサイズもかなり小さいなものになっているため、その傾向にあります。

ネジは一度舐めると負のスパイラルに入りますので、要注意です。

詳細は下記を参照ください。

タイトルとURLをコピーしました