Panasonic Lets Note SV7 SV8 SV9のキーボードについて

Panasonic情報
スポンサーリンク

部品は異なる

見た目全く同じでも中の部品(パンタグラフやキートップ)が異なるものはメーカーキーボードで当たり前です。

それは製造メーカーからすればキーボードが最終部品だからです。

納める業者としては外見(仕様)だけ合っていれば中身が何だろうが問題ではないのです。

レノボやHPはこういうキーボードがかなり多いですが、国内メーカーのPanasonicも同様でLets note CF-SVシリーズでもあります。

いろいろ調べてみると少なくともパンタグラフが異なるキーボードが2種類あるということが分かりました(キーボードの見た目は同じでキーボード型番が違います)

ユーザーから上がってきた情報などを元にキーボードを仕入れて確認しました。

パターン1

右側のシフトキーで説明しますが、下記はキーボード型番(HMB8358CPC11)のものになります。

一般的に部品流通しているキーボードはHMB8358CPC11がほとんどみたいです。

キーボード型番は下記のようにキーボード裏面にあるのですが、これは分解しなければ分かりませんので、一般的ではありません。

こちらの部品は下記です。

パターン2

これとは別に同じシフト(右)でも下記のようなパンタグラフが存在します。

このキーボード型番は不明です。

このように横長のパンタグラフ存在するようです。

これについてはキーボード型番が分からないので、現在調査中です。

※パンタグラフ、キートップはメーカーが部品としてないため、部材調達が非常に困難です。

自分のキーボードはどっち?

自分のキーボードがパターンのどちらになるか?

シフトキーの部品を下記のように確認してみてください。

ちょっとドライバーでキートップを上げてみてください。

こういう形であればパターン1に該当すると思います。

※パターン1,2以外に存在する可能性もありますのでここは明確に分かりません。

以上

スポンサーサイト

タイトルとURLをコピーしました