食べ物をもう一度考える時期

健康寿命

「気にし過ぎは身体に悪い」と言いますが、今の世の中そうも言ってられない気がします。

競争社会になると、ルールなどあってないようなもので、馬鹿正直にルールなど守っていたら先を越されてしまうというのが今の考え方なのです。

「正直者は馬鹿を見る」という現代社会で安全などあってないようなものでしょう。

食べ物を考えるステージに入っていると思いますよ。

見てください、スーパーに行っても、コンビニでも、あらゆる食べ物が添加物まみれで、無添加など、ほとんどありません。

そういう添加物まみれの世の中になってしまったのでしょう。

人類は自然界からできていない化学物質を長期間食べ続けたらどうなるか?など、誰も知らないのですから、そこには「安全」という文字はないのです。

これから10年、20年後、そういうものを食べ続けた人はどうなっているのでしょうね。

だからこそ個々人が考えながら生きていかなければならないステージに入っているのだと思います。

これが私の考え方なのですが、難しい世の中ですよね

以上

タイトルとURLをコピーしました