dynabook R63 マザーボード移植

dynabook PC(旧東芝)
スポンサーリンク

R63シリーズの注意点

ロングリリース機(R63やR73 Bシリーズなど)のマザーボード移植は注意が必要です。

外観は同じに見えますが、中身のテクノロジーは時代と共に大きく変わっています。

特にdynabook R63 は初代R634シリーズから考えると約8年間くらい同じようなモデルで作り続けています。

ですから、マザーボード移植は原則同機種、同モデルとしてください。

もちろん、慣れている方であれば、自己完結出来ますので、言う必要はありませんが、慣れてない方は同機種、同モデルになります。

単純に考えると下記のような失敗もあります。

高熱でケーブルや周辺が焦げました。火災の危険もあると思います。

ですからリペアの原則は同機種、同モデルです。

互換等については自身で情報を収集して実施してください。

特にマザーボード移植は原則同機種、同モデルですが、少し慣れた方であればリリース時期が6ヶ月以内までです。

メーカーPCのリペアの基本は同機種、同モデルです。

以上

タイトルとURLをコピーしました